バイアグラとカベルタの価格比較一覧表

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
バイアグラ 1,801円 18,010円 216,120円
カベルタ 263円 2,630円 31,560円

上記の価格比較表の通り、先発医薬品のバイアグラと後発医薬品のカベルタの価格差は、約7倍と大きな開きがあります(※月間費用と年間費用は月に10回都度1錠を服用したとして計算)。

右端に記載の「年間費用」を見比べるとその差が一目瞭然です。

薬の成分や効果・効能が同じであるなら、やはり費用負担が軽減されるジェネリック医薬品のカベルタを選択したいところです。以下に、実際にカベルタを服用されている方の口コミ体験談をご紹介いたします。

カベルタの効果や副作用についての使用体験談

ピルカッターで4分の1に分割しても効きます。お腹がいっぱいだと効果が薄くなるので、多めに飲むといいと思いますが、僕は多くても2分の1で十分です。コスト的にありがたいので、もう手放せません。(35歳・男性)

カマグラやバリフよりも目のチカチカ感があり、壁が青白く見えます。体質なのかもしれませんが。でも、3回はいけるし、カチカチ感が違いますね。うまく使い分けて注文したいと思います。注文してからの到着も早いので、使いやすいです。(49歳・男性)

この年でまだ早かったかなと思いましたが、たまに中折れが・・・。今回初めて使ってみました。使ってみてビックリです。若かりし頃を思い出しました。鼻づまりの副作用は少し出ましたが、効果はたぶん、5~6時間は持つと思います。(45歳・男性)

「安い!」だけでカベルタを通販するのは危険

先の価格一覧表の通り、先発医薬品でなくジェネリック医薬品であるカベルタを選択すると驚くほど治療にかかる費用負担を抑えることができます。

しかしながら、この「安さ」だけを求めてカベルタを購入してしまうと、様々なリスクにさらされる危険が伴います。その中で最も怖いリスクは、やはり「健康被害」です。全くのニセモノや有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実を真剣に考慮しなくてはなりません。

この「健康被害」に対する不安・心配を解消するためには、長く安心してお付き合いのできる販売店をしっかり確保しておく必要があります。

バイアグラとカベルタについての基礎知識

バイアグラもカベルタもどんな薬かわからないという方は以下を参考ください。

先発医薬品のバイアグラとは?

バイアグラは、もともと狭心症の薬として研究・開発が進められていましたが、その過程で勃起機能が高まるという効果が表れ、1998年にアメリカで初めてED(勃起不全)治療薬として発売されました。日本ではその翌年の1999年にファイザーから医療機関向けに販売されました。現在は、世界120カ国以上で販売・使用されていて、ED治療薬を代表する薬となりました。性的な気分を引き起こしたり、精液の量を増やす効果はなく、あくまでも陰茎への血流量を増加させることによって、性的刺激を受けた時に、勃起する力を高める薬です。飲むタイプの薬で、服用してから40分から約1時間後に効果が表れ、3~4時間程度持続します。副作用としては、頭痛や動機、めまい、消化不良などが知られています。

後発医薬品のカベルタとは?

カべルタはインドのRanbaxy Laboratories社が開発したバイアグラのジェネリック医療品です。バイアグラと同じ効果がありながら、低価格で購入することができます。バイアグラのジェネリックはいくつも開発されていて、有効成分は同じでもそれを錠剤として包む添加物・化合物の配合などによって、効果が表れるまでの時間や効き目の程度に少なからず違いがあります。自分に合った医薬品をみつけましょう。

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
バイアグラ 1,801円 18,010円 216,120円
カベルタ 263円 2,630円 31,560円